シロアリというのは知らないうちに拡大していくので三重県でも、できるだけ早期に予兆に気が付くことがポイントになります。シロアリというのは明るさを嫌がり、暗さに生息します。通常では土中を通って、基礎にコンクリートであってもトンネル状の蟻道を築いて中に入り込みます。蟻道を作られたらシロアリ被害の前触れなので注意してください。併せて、羽アリが存在するとシロアリ被害に遭うサインです。シロアリ被害が深刻になると家に損傷が発生します。床がぶかぶかしてきたり、扉のしまり具合が変でないか点検しましょう。

三重県でのシロアリ駆除のアプローチとして木部処理と呼ばれるものが考えられます。建物の基礎部分などへ駆除剤の入れ込みなどをシロアリの被害があるポイントや被害のサインのある部分に施行していきます。床の下のみでなく2階だとしても水周りの箇所などの被害が起こる恐れがある箇所にも駆除業者が認めれば施工することも多いです。薬剤の注入は、床の下のような隠れた部分が対象なので、人が接する部位には建物外だけしか実施しません。