シロアリは木の柔らかな部分を食して硬い部分を食べない性質を持っています。木材の中心を食べ進んでいくので、コツコツと叩きチェックすることもできます。空間音を感じたら注意しましょう。シロアリ被害が進行すると、床を歩いたときにフカフカするような感じがしたりする等といった不調が発生します。さらに進むと、柱が沈んでドアのしまり具合が悪くなります。羽のあるアリがいることも熊本県ではシロアリ被害に遭う前兆になりますから細かいことも見過ごさないことが大事です。

シロアリ駆除の手段としてのベイト工法というのは、名前通りにベイト剤を使うアプローチになります。ベイト剤は毒入りの餌のことです。まず第一にシロアリの生息確認のために餌となる木を仕掛けておきます。セットした餌木をシロアリが噛みついた痕跡が見つかったらベイト剤を設置します。ベイト工法についてのメリットは、不快臭を心配しなくても良いことになります。ベイト剤そのものは駆除剤のように不快臭を発しません。熊本県でも餌木やベイト剤の仕掛けも直ぐに終了します。住んでいる人に優しい、環境への影響も最小限度に抑えられるやり方です。