シロアリというのは隠れた部分で広がるので日向市でも、できれば初期に兆候を見つけることが大事です。シロアリは明るい所を嫌い、暗い場所で過ごします。ですので、普通は地下をくぐって、基礎部分に鉄筋であってもトンネルのような蟻道を築いて中に入り込んできます。蟻道を見つけたらシロアリ被害の予兆なので注意してください。また、羽蟻がいることもシロアリ被害の始まりになります。被害が進むと家自体に不具合が現れます。床部分がへこむ感じがしてきたり、建具の立付けが変でないか確認しておきましょう。

日向市のシロアリ駆除の木部処理のため駆除剤を使う時の一般的なやり方が吹付処理になります。木部の表面に木部処理剤をスプレーして薬剤を付ける方法になります。薬剤が接すると厄介な場所については、吹付処理をしないではけなどにて塗りつける添付処理が施されます。添付処理は神社仏閣等でよく行われる方法で、他にもドリルで穴を開けて木部処理剤を流し込む穿孔注入処理があります。漆食仕上げなどの壁には壁の内側の木部に薬をつける穿孔吹付処理が採用されます。