長門市にてシロアリ駆除の際に使われる薬がネオニコチノイド系になります。ネオニコチノイド系というのは木造の家等で使われます。シロアリの神経伝達部分に異常を生じさせてジワジワダメージを積み重ねていって駆除するものになります。別のものにはカーバメート系とかシロアリ駆除の手段となる薬では定石と言えるフェニルピラゾール系も存在します。少しだけでも効き目があり、フェニルピラゾール系も巣ごと丸っと退治する事が可能ですが、強力な駆除剤なので使用法には要注意です。

シロアリ駆除の際の土壌処理ということで薬をまく方法は、長門市でも加圧注入と面状散布、帯状散布の3つになります。帯状散布というのは、基礎部分などの付近の土壌部分に薬剤を使用するアプローチです。壁より20cmくらいの幅で薬をまきます。面状散布というのは、土部分の表面全体に薬剤を隙間なく散布します。また加圧注入というやり方は、専用の注入器具を使用して土部分に駆除剤を注入します。それにより、土の中を移動してくるシロアリが侵入するのを防止します。施工する間隔については1m位というのが一般的です。