周南市にてシロアリの被害を受ける事例の中で、元々の本巣の他に分巣を作ることで広がっていくのがイエシロアリになります。湿気等のような状況の変動をとらえて巣を乗り換えていく傾向にあるのがヤマトシロアリです。ヤマトシロアリのほうが広い地域で確認されていますが、被害が大きくなるタイプがイエシロアリになります。イエシロアリというのは、建物の木のみでなく、コンクリートについてもダメージを生みます。また、イエシロアリというのは水を運搬することができるため湿度の低い家の上層部分にも害を生じさせることが特色になります。

シロアリというのは見えないところで広がっていくので周南市でも、できるかぎり初期段階で前触れを察する事が必須です。シロアリは明るさを嫌がって、暗がりを好みます。そのため、基本的に土中を通って、コンクリでもトンネル状の蟻道を作り屋内に侵入してきます。蟻道ができるとシロアリ被害のサインなので注意が必要です。同じく羽アリを見かけることもシロアリ被害に遭う兆しになります。シロアリ被害が進行してくると家に変化が出ます。床板がぶかぶかしてきたり、ドアのしまり具合が変になっていないか確認しましょう。