光市にてシロアリ被害を受ける事例の中で、元々の本巣に加えて分巣を設ける広がりを見せるものがイエシロアリです。また、湿気などの状況の変化をとらえて、巣を移っていく種類がヤマトシロアリです。ヤマトシロアリの方が広範な地域で確認されていますが、害が大き目なものがイエシロアリです。イエシロアリは、家の木部に加えてコンクリートに対してもダメージを与えます。イエシロアリは水分を運ぶ能力もあるので、湿度の少ない家の上層部分へもダメージを生じさせるのが特性になります。

光市でシロアリを駆除する際に使う駆除剤がネオニコチノイド系です。ネオニコチノイド系というのは木造の住居などで使います。シロアリの神経伝達細胞に効いてじわじわと障害を積み重ねて駆除するというようなものになります。ほかにカーバメート系とかシロアリ駆除の施工となる薬においては基本と言ってよいフェニルピラゾール系が存在します。少量でも効き目があって、こちらも巣自体を丸っと駆除するのには有効ですが、激しい薬剤のため扱い方に注意が必要になります。