高知県にてシロアリ被害を受ける事例のうち、メインとなる本巣のほかに分巣を作って広がっていくのがイエシロアリです。建物の湿度などの環境の変動によって、巣を作り変えていく種類がヤマトシロアリになります。ヤマトシロアリのほうが分布が広いですが、害が大きくなるのがイエシロアリです。イエシロアリは、住まいの木の部分のほかにもコンクリートにも害を出します。さらに、イエシロアリというのは水を運搬することができるため、湿り気のない建物の上の部分であっても損害を与えることができることが特性です。

高知県でのシロアリ駆除の施工となるバリア工法は、薬を散布する施工になります。バリア工法を使うプラスの面は、速く効果がでることで、薬剤を使うと早々に効力を発揮します。生息中のシロアリについては駆除されますし、シロアリの卵も全滅させるので、別の仲間のシロアリが侵入してこなければ、シロアリ被害はなくなります。バリア工法の不都合な点は不快臭です。施工中の換気することは無論でありますが、施工後にも収まるまでの時間は換気をすることになります