神奈川県にてシロアリの被害を受けるものの中でメインとなる本巣の外に分巣を置いて増殖していくものがイエシロアリになります。一方で建物の湿度などのような環境の変動により、巣を移っていくのがヤマトシロアリです。ヤマトシロアリの方が広い地域で確認されていますが、ダメージが大き目なのがイエシロアリです。イエシロアリは住まいの木の部分に加えて、コンクリートにもダメージを与えます。イエシロアリというのは水を運ぶことが可能ですため湿度が高くない建築物の上層部へも被害を生じさせるのが特色です。

神奈川県でのシロアリの駆除の方法の一つとして木部処理というものがあります。床の下の基礎部分などへ薬剤の撒布などをシロアリ被害のある部分や被害が起こる可能性があるポイントに行います。家屋の土台に限定せず2階以上の場所であっても水場周りの所などの被害が起こる予兆のあるポイントにも業者が認めれば実施することもあります。駆除剤の吹き付けというのは家屋の土台等の隠れた箇所に行い、住人が接触する箇所に対しては、屋外だけしか行わないです。