石川県にてシロアリ被害を受けてしまう事例の中で、本拠となる本巣に加えて分巣を置くことで増大していくのがイエシロアリになります。また、木の湿度などというような気候の変化によって、巣を作り変えていくのがヤマトシロアリです。ヤマトシロアリの方が広い地域で確認されていますが、損害が大き目な種類がイエシロアリになります。イエシロアリというのは建物の木はもちろんですが、コンクリートに対しても被害を出します。そして、イエシロアリというのは水分を運ぶ能力もあるので、湿り気のない建物の上層部分にも損害を生じさせることが特色です。

石川県でのシロアリ駆除の方法として木部処理と呼ばれるものが挙がります。床下の土台等に薬の撒布などをシロアリ被害のあるポイントや被害が起こるサインのある部分に行っていきます。建物の基礎部分に限らず二階だとしても湿度の高い場所などの被害の恐れのある箇所にも駆除業者の判断で実施する場合もあります。駆除剤の注入は、床下等の見えない箇所に行い、人が接触する恐れのある所には建物外を除いて実施しません。