シロアリというのは木の柔らかな所のみを食べて硬い場所は食べない性質になります。木材の内部を食べて進んでいくため、物で叩いて点検することもできます。コツコツして空洞があるような音がしたら気をつける必要があります。被害がひどくなると、床を歩いたときにフカフカする感覚になる等といった不調が出ます。さらに進むと木材が劣化して建具のしまり具合がおかしくなります。羽のある蟻を見かけたら岐阜県ではシロアリ被害に遭う前触れの一つですので細かな変化でも見逃さないことが大事になります。

岐阜県にてシロアリの侵入を受ける事例で本拠地となる本巣に加えて分巣を作ることで増えていくのがイエシロアリになります。一方、木の湿度等のような環境の変動をとらえて、巣を引越していくものがヤマトシロアリになります。ヤマトシロアリのほうが広範な地域に分布されていますが、ダメージが大きくなる種類がイエシロアリになります。イエシロアリは、住居の木材以外にもコンクリートについても害を与えます。イエシロアリというのは水を運搬することができるため湿度の少ない建築物の上の部分であってもダメージをもたらすのが特性です。