シロアリ駆除の手順の1つのベイト工法はシロアリの特徴を上手に使うものです。シロアリは別のアリにエサを分け与えるというような特徴を持ち合わせています。食べ物になるベイト剤を撒いて、シロアリを引き寄せて、巣へベイト剤を持ち帰らせます。シロアリは、その薬剤を次々と食べさせますが、体内に入れるとシロアリは脱皮することが出来なくなり息絶えて、巣自体の駆逐を実現できます。千葉県でも使われる駆除剤はセントリコンやIGR剤というような昆虫成長制御剤で、脱皮をする生物にのみ効き目を発揮し、人や犬などのペットには差し障りのないものになります。

建物の床下が土であれば千葉県でも土壌処理の作業をします。シロアリ駆除の時の土壌処理は土に薬剤を使うため、周辺に気を配って行うことが不可欠です。通常は床の下の土壌を対象に施工するものですが家の外部にも施工する必要性がある時は薬が外側に出ないように施工するケースも存在します。使う薬剤は、木に使うものではなく土専門の薬を使用します。シロアリが侵入してくる配管周りが念入りに施工されます。