シロアリを駆除するベイト工法というのは、文字通りにベイト剤を利用するアプローチです。ベイト剤とは毒エサのことになります。まずシロアリの生息を確認するために餌木を仕掛けます。仕掛けた餌木にシロアリが食べた跡が見つかるとベイト剤を配置します。ベイト工法についての良い点は、異臭を心配する必要が無いという事になります。ベイト剤自体は薬剤のような臭いを発しません。秋田県でも、餌木やベイト剤のセットも短い時間で終わります。家族の健康を害さない環境への影響も少ない手段になります。

秋田県のシロアリを駆除する作業の木部処理により駆除剤を施す際のオーソドックスな手順が吹付処理になります。木部の表層に木部処理剤を道具でスプレーして薬剤を施す処理の方法になります。薬が飛び火すると良くない所については、吹付処理に代わってはけ等によって塗りつける添付処理が施されます。添付処理というのは神社仏閣などでよく施される方法であって、他に工具で穴をあけて木部処理剤を差し込む穿孔注入処理が存在します。モルタル仕上げ等でできた壁では壁の内側の木部に薬剤を付ける穿孔吹付処理がよく使われます。